サロンと医療を使い分けしておくといいはず

同じようなキャンペーン展開をしている

最近多くのサロンでそれぞれ機械や料金施術期間も同じように施術されていて、電車の中でもエステ脱毛の広告が見かけるようになり、数百円で気軽に行えるキャンペーンも登場しています。ですが、最近のエステ脱毛の台頭で、医療脱毛はどこで行うべきかといった女性の悩みは深刻になっています。どちらが安く、安全にできるか、肌トラブルが少ないのはどれなのかなど悩みは多いです。今は多くのサロンがこの悩みにこたえられるように、よくある質問ページを立ち上げています。

エステの脱毛法と医療で扱うもの

扱う機器では医療レーザー、非医療レーザーかで、そのパワーが大きく違い、違いについては、毛の根にある毛母細胞を壊せるか、壊せないかの違い。毛母細胞を壊さないとまた毛が生えてきます。エステ脱毛で使われている非医療レーザーはこれを破壊するに至るまで強い力を出せません。ですから医療レーザーを使っている医療脱毛サロンでできる永久脱毛も、非医療レーザーを使っているエステ脱毛サロンでできないということになります。

医療レーザーは強い作用になっている

ですが、医療レーザーは毛母細胞をレーザーによる熱で焼きますから、痛みは少ないですが、熱をかんじやすくてサロンのレーザー脱毛に比べ少しあつかったりします。脱毛の期間は個々人の毛が生える周期に合わせた時間がかかり、脱毛は今見えてる毛を抜くとそれで終わりではありません。今見えてなくても皮膚科で身をひそめている気があります。毛周期は体の部位、個人の体質により様々。完全に脱毛をすると2年以上は見ておく必要があります。

医療脱毛の専門性の高さは、各クリニックの医師の経歴に左右されますが、無料相談などの機会を上手く活用することがおすすめです。