やっぱり痛い?インプラントの気になる3つのポイント

痛みはどのくらいあるの?

インプラントに興味がある方も多いのでは?入れ歯やブリッジだと不便さを感じる他に、老け込んだ気持ちにもなってしまいますよね。インプラントは健康な歯と見た目は一緒です。歯の機能性を取り戻せるだけじゃなく、口元のアンチエイジング効果もあるんですよ。ただ、顎の骨に金属製の人工歯根を埋め込むという、外科的な手術を受けなければいけません。手術と聞くと痛みが心配になりますよね。手術中は局所麻酔を行うので、痛みを感じる事はありません。また術後も、痛み止めを飲めば対応できる程度の痛みです。手術に恐怖心があるという場合は、静脈内鎮静法という、麻酔を行ってから施術を行う方法もありますよ。

金属を埋め込んでも大丈夫?

インプラントは顎の骨に、人工歯根を埋め込む施術を行います。金属を体の中に埋め込むと聞くと、アレルギーや体への負担が気になりますよね。インプラントに使用する人工歯根は、チタンという金属で作られています。チタンはとても親和性に優れた金属で、外科手術でもポピュラーに使われているんですよ。顎の骨の中に埋め込んだからといって、アレルギーを起こすという事は無いと言われています。もし、心配であればインプラント治療を受ける前に、チタンにアレルギーが無いか調べてみましょう。

費用はどのくらい必要?

インプラントで気になるポイントといえば、やっぱり費用なのではないでしょうか?インプラントは健康保険が適用されない歯科治療なので、治療費は高額になりがちです。デンタルクリニックによって変わりますが、1本インプラントにした場合にかかる費用は平均30万円程と言われています。決して安いとは言えない金額ですが、実は長い目で見ると意外とお得なんですよ。例えば、健康保険が適用される入れ歯ですが、約数千円から数万円で作れます。ただ、噛み合わせが悪くなるケースが多く、5年以内に作り直す方が半数以上いるのだそう。何回も入れ歯を作り直す金額を考えたら、1回で自分の歯と同じような義歯を作れるインプラントは、お得と言えると思います。

杉並区で行うインプラントの治療には様々な種類のものがありますが、費用や安全性にこだわることが大切です。